多くの被害をもたらす動物は害獣駆除業者に相談しよう

解決しない時には

男の人

状況を知る

日本のあちこちで、害獣被害が報告されており、クマのような命に関わる害獣から、農作物を食い荒らすイノシシ、シカといた大型の害獣、そして、アライグマ、ヌートリアなど、今では数限りなく存在しています。保護政策や、天敵がいないなどの理由で、数が増えすぎ、人里まで生息域が迫ってきていることが、拍車をかけています。また、里山の荒廃により、人の生息域と害獣の生息域の緩衝地帯がないという分析もあります。こういった現状を受けて、少しでも被害を減らそうと、田畑に柵を造るだけではなく、電流が流れるような仕組みを追加設置するなどの対策を行っています。それでも、守ることに追われ、害獣駆除自体は進んでいないのが現状です。

解決しないときは業者へ

こういった害獣対策のための設備は、ホームセンターで販売されており、それぞれが防御を行っているわけですが、中には、害獣駆除に乗り出す人も出てきています。その方法としては、自治体で害獣用の捕獲用の罠の貸し出しを行っているものを利用する方法で、講習を受ければ、無料で貸し出しを行っているところもあります。それなりの成果を見せているものの、その捕獲数が年々増え続けている場合も有り、捕獲が追い付いていないということを示している、とも言えます。そのため、最近では、害獣に精通した害獣駆除業者に依頼して、駆除をお願いしている人も出てきており、地域全体でお金を出し合って害獣駆除業者と契約しているケースも出てきています。

自力で対処する方法

蜂

気性が荒く、攻撃的なキイロスズメバチの巣の駆除は、殺虫剤や防護服といった準備をきちんとしておくことが大切です。詳しい人やネットを利用して、正しい方法や対処を覚えておきましょう。また、無理だと思ったらプロの業者に相談してください。

天井裏を汚す害獣への対策

いたち

ハクビシンと並んで天井裏への侵入被害が多いイタチは、天井裏が高温になる夏より秋から冬にかけて被害が多発する傾向も見られます。イタチは同じ場所に糞尿をすることで縄張りを主張するため、悪臭被害が発生します。イタチ駆除業者は専門的な方法でイタチを捕獲・撃退し、侵入口を塞いで糞尿の後始末をしてくれます。

ネズミ対策前に行うべき事

鼠

ネズミ駆除の有効な対策に取り組むにあたって自分自身で行うか専門業者に力を借りるかという候補があります。ご自身でねずみ駆除を希望している場合、ネズミ駆除する前にラットサインの発見が優先されます。ラットサインを発見し難い時は、迷わずにプロに依頼しましょう。