ネズミ対策前に行うべき事|多くの被害をもたらす動物は害獣駆除業者に相談しよう

多くの被害をもたらす動物は害獣駆除業者に相談しよう

ネズミ対策前に行うべき事

鼠

自身で行う前の留意点

専門業者に頼り害獣を駆除するのも一般的ですが、自分自身ですることができるネズミ駆除テクニックがあります。具体的には、毒餌や、粘着シートそれから、超音波器などが、今の時代たくさんあるといえます。実際のところ、間違うことなく利用すれば、手堅くネズミ駆除は可能です。しかしながら、こうしたネズミ駆除を活用する前に、まず第一にすべきことが考えられます。そういったことをしなければ、根源的なネズミの解消にはなりません。 ネズミ駆除前にしなければいけないことはいわゆるラットサインの発掘です。具体的にいうと、ネズミがいる確証を見付けることになります。つまり、駆除を適切に行うための事前準備という形でラットサインを明確にすることが重要になります。

ラットサインの基礎知識

ラットサインの大半は、屋根下にある通気口、あるいは戸袋の隙間部分それから、電線と壁の隙間部分、さらに壁の穴また、基礎の隙間部分などから、ネズミは侵入して来ています。その結果、ここのところを閉ざさないとどれほどネズミ駆除したとしても外からまた新しいネズミが入ってきますので、抜本的な解決には結びつかないといえます。そのため、発見したらタワシもしくはパテ或いは金網で塞いだ方が望ましいといえます。 ラットサインの見極め自体が困難であれば、やはりネズミ駆除のプロに依頼するのが、衛生的です。ネズミが家屋に浸入すると、糞尿被害が出る上、病原菌の温床となる可能性があります。専門家であればネズミ駆除を行なうだけではなく、ネズミの侵入口の対策やネズミの糞尿被害の消毒まで請け負ってくれるのです。